aramakijakeの使い方の解説!推定検索数から何が読み取れるの?

今回は無料で使えるキーワード検索数チェックツールaramakijakeについて解説していきたいと思います。

aramakijakeとは「キーワード検索数チェックツール」言葉の通り、キーワードの検索数をチェックするための便利なツールです。

キーワードが実際にどの位検索されているのかを調べることは、SEO(検索エンジン対策)を行っていくうえでとても重要な指標となります。

今回は、aramakijyakeを使ってどのようにキーワードの検索数をチェックするのかその使い方や、推定検索数結果から何を読み取れるのかを詳しく解説したいと思います。


aramakijake(キーワード検索数 チェックツール)とは?

aramakijake(キーワード検索数 チェックツール)は、その言葉の通り、キーワードの検索数をチェックするためのツールで、完全無料で無制限で使用する事ができます。

使い方も次の項目で具体例を出して解説しますが、とっても簡単でキーワード検索数を調べたいキーワードを、検索窓に入れてチェックするだけ

国内の2大検索サイトである、Yahoo!JAPANとGoogleそれぞれでの検索予測数を表示してくれます。



aramakijakeの使い方



手順(1) aramakijakeにアクセス

まずはaramakijakeのページにアクセスしてください。



手順(2) 検索数を調べたいキーワードを入力して「チェック」ボタンを選択。


ここでは例として「ダイエット」というキーワードを調べてみました。

手順(3) 結果が表示されます


「ダイエット」というキーワードで検索した場合、Yahoo!JAPANでは244,000、Googleでは976,000の月間推定検索数という結果が出ました。

なお、その下に表示されている1位からのランキングになっている所は、「ダイエット」の検索結果でその順位に表示された場合、どの位のアクセスが見込めるかを示しています。

検索結果は通常、1番上から見ていく事が多いので、順位が高い程アクセス数は多くなります。

ただ逆に1位だからと言って必ずも全員がアクセスしているわけでない事も分かりますね。

2語、3語のキーワードでも同様に調べることができます

なお、「ダイエット 朝ごはん」や「ダイエット 朝ごはん おすすめ」のように2語、3語のキーワードも同様に調べることができるので、是非試してみてください。


一般的にはキーワードの数が多くなるほど、検索予想数は減る傾向にあります。


「データが見つかりませんでした」と表示された場合は?

aramakijakeを使っているとキーワードによっては「データが見つかりませんでした」と表示されることがあります。


今回は例として「ダイエット 朝ごはん おすすめ 簡単」の4語キーワードの結果が「データが見つかりませんでした」と表示されましたが、1語キーワードでもこのように表示される事はあります。

このように「データが見つかりませんでした」と表示される場合は、過去のデータからそのキーワードでの検索がなかったということが分かります。



推定検索数から何を読み取りどのように行動するべきか?

「データが見つかりませんでした」と表示されるようなキーワードは過去のデータにおいては、そもそも検索されていないのでSEO対策をするだけ無駄であることが分かります。

そのため「データが見つかりませんでした」と表示されるキーワードはSEO対策で狙うターゲットから除外するべきなのです。

例外として過去は無名のワードでも将来、爆発的に有名なワードになる事がありますが今回はその辺の未来予測の話をするとぶれるので省略します。

つまり「データが見つかりませんでした」となるキーワード以外でSEO対策をしていくべきという事ですね。



まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、キーワード検索数チェックツールaramakijakeについて解説しました。

無料で使えるツールですし、会員登録等の煩わしい手順も不要で回数制限等もありません。

とっても簡単に使えるツールなので、是非、SEO対策等に有効に利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA